読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

5月のMay

ゴールデンウィークやこどもの日がある5月の行事予定など

雨水タンク関連の最新情報

屋上への雨水タンク設置と建築基準法

ビルやマンションの屋上に雨水タンクを設置する際、 建築基準法に定める積載荷重に留意する必要はあるのでしょうか? 建築基準法では最大積載荷重を180kgf/?とするよう 規程されていますが...


雨水タンクをドラム缶で作りました。 エンジンオイルの缶です。

雨水タンクをドラム缶で作りました。 エンジンオイルの缶です。 雨水で内部がサビないか不安ですが、いかがでしょうか? 内部をスプレー缶で塗装した方がいいですか?

〔福島第1原発・港湾内の2地点でセシウム137の濃度が過去最<br clear="all"/


〔福島第1原発・港湾内の2地点でセシウム137の濃度が過去最高を更新〕 〔セシウム評価を矮小化〜福島第1原発港湾内、最高値を「やや高め」〕 (福島民友 2016年9月23日) http://www.minyu-net.com/news/news/FM20160923-113823.php 東京電力は22日、 福島第1原発の港湾内で 21日に採取された海水の分析結果について、 2地点でセシウム137の濃度が 過去最高を更新したことを明らかにした。 ただ、分析結果を知らせる報道関係者への一斉メールでは 「最近の変動から見るとやや高めの傾向」と 評価を矮小(わいしょう)化するような表現で発表していた。 東電によると、 「1号機取水口」のセシウム137の濃度は 1リットル当たり95ベクレルで、 それまでの最高値だった2015(平成27)年9月の 同82ベクレルを13ベクレル上回った。 「1〜4号機取水口内北側」のセシウム137は 同74ベクレルで、 13年10月の同73ベクレルを1ベクレル上回った。 排水路などから港湾内に 雨水が流れ込み、 濃度が上昇したとみられる。 分析結果は21日午後10時50分ごろ、 報道関係者に一斉メールで通知された。 2地点の数値が記されていたが メールの本文に最高値更新を示す表記はなかった。 一方、メールには 詳しい分析結果の資料が表示されるサイトのURLが 掲載されており、詳細資料には最高値更新が示されていた。 最高値更新を本文に表記しなかったことについて、 東電の担当者は福島民友新聞社の取材に 「大変申し訳ない。23日の会見でしっかり説明したい」 と弁明した。 穿った見方をすれば、 東電も、 真意的には「過小評価」するニュアンスで公表し、 事実上、報道機関に嘘の報告をするほどに、 事態は深刻化していると言えるのでは ないでしょうか? http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11164603481 でも触れたように、 〔地下水位、地表面到達〜第一原発港湾付近 台風で上昇〕 (福島民友 2016年9月21日) 東京電力は21\xC6 軺ぬ澄\xA2 降雨で福島第一原発の港湾付近の地下水位が上昇し、 地表面(海抜3メートル91センチ)と同等の水位まで 上昇したと発表した。 地下水位が地表面まで達したのは初めてで、 放射性物質を含む地下水が地表面を通って 港湾内に流れ出る可能性があるとしている。 東電によると、 20日午後9時55分ごろ、 台風16号接近に伴う降雨の影響で地下水位が地表面に達した。 東電は護岸付近の井戸「地下水ドレン」によるくみ上げを続けている。 港湾付近の海水放射線モニタリングの値に 大きな変動はないとしている。 福島第一原発では20日、地下水位が過去最高値まで上昇、 通常の地下水ドレンでのくみ上げでは対処できないと判断し、 バキューム車4台で緊急のくみ上げ作業を実施した。 〔凍土壁の2カ所溶ける〜台風の大雨影響〕 (東京新聞 2016年9月2日) 東京電力は1日、 福島第一原発に接近した台風による大雨の影響で、 汚染水対策「凍土遮水壁」の2カ所で温度が 上昇し、 凍土壁が溶けたような状態になったと発表した。 追加工事を9月中に終え、 零度以下に温度を下げるとしている。 凍土壁は原子炉建屋に流れ込む地下水を減らすため、 建屋周囲の地中を壁状に凍らせる対策。 東電によると、 台風7号が接近した8月17日以降、 大雨で地下水が増え、 4号機南側と3号機東側で土中の温度が一度を超えた。 担当者は 「雨水の通る道があるのだろう。 2カ所で(凍土壁が)一度溶けたようだ」と説明した。 追加工事では凍土壁の周辺に8メートル程度の穴を掘り、 地下で固まる液体を流し込んで地下水の流れを緩やかにする。 費用は明らかにしていない。 東電によると、 福島第一原発では3つの台風が相次いだ8月、 計500ミリの雨が降った。 *** 〔福島第1原発、汚染地下水あふれる恐れ〜台風9号の降雨影響〕 (福島民友 2016年8月23日) >海抜約4メートルの護岸地上に対し、 観測用井戸で測定\xA4 気譴臣浪漆絨未\xCF 約3メートル50で余裕は 約50センチしかなかった。 でも触れたように、 8月下旬〜9月中旬の 台風シーズンのピークへ向けて、 既に8月の時点で、 今回の事態に至るのは、概ね予測できた 事ですが、 >地下水の水位が地表に達したのは、 今回が初めてという。 やはり、現実にこのような事態に至ると、 やはり、外洋への流出がどの程度で あったのかが、一番気がかりです。 特に、現行の汚染水対策の中核とも言える 「凍土遮水壁」の効能も問題視されており、 更には「汚染水・貯蔵タンク」も 限界に近付いている 状況下において、 今後の想定外の付加的な環境要因によって 海洋汚染の悪化に歯止めをかける 人為的・対策も底が知れており、 特に今後の台風の巨大化、降雨量の増大に伴い、 もはや、為す術がない状況にまで 追い込まれていると 言えるのではないでしょうか?



楽天市場で雨水タンクを見る